読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

hirschkalb's blog

"I beseech you, in the bowels of Christ, think it possible that you may be mistaken."

自由律

制限されていると同時に自由であるというのはいろんな人が色んな所で言っているような気がする。どう動いてもどうせ規定内なのだから思うように動けばいいという趣旨のことを手を替え品を替え。

属法人

やっぱり誰が語っているかだよなあ。瞑想も一介の素人が勧めてくれば胡散臭さで息が詰まるけれど天下のグーグルがサーチインサイドユアセルフなどといえばとたんにおしゃれじゃないですか。いやもちろん前者と後者では瞑想は瞑想でも同じことを語っているの…

周期性

何年かに一度やってくるトマトジュースおよび野菜ジュースその他の健康によさ気な赤めの果汁飲料ブーム到来。

B/S, P/L, C/F, F/S, .....

あーぜんぜんgaccoの会計プロフェッショナリズモ進められなかった! 平日にちまちまやってくしか無いな。

受け渡す

職場のリーダーはマニュアルを準備・管理する体制を整えよ的なかなりえらそうなご提案をした覚えがあった。 hirschkalb.hateblo.jp 一言では、手取り足取り教えてあげなさい。なぜなら部下はあなたほど優秀ではないのだから。ということだった。そして手取り…

出版自体がメッセージ

野口悠紀雄が音声入力で本を書いたということで、ほんとこのアーリーアダプトっぷりには頭がさがる。野口悠紀雄は本の中身を見ずに批評することにかなり厳しいひとという印象があるけれど(「えっ? 本を読まずに批評する人なんているの?」とお思いですよね…

蝉の声

つまり静けさが好きとか攻撃性がないのが好きというのはかなりの贅沢な趣味だと思わなければいけない。これを確保するためには慎みのない交渉も必要だし鉄壁も必要だしそれを可能にする力も必要だし。たとえば防音室なんてのを買うにはいくらするか。

うるさい

静けさが好きな人には生きにくい世の中なんですね。騒音のような音楽を大きな音量で流すことが好きな人はそうやって他人を攻撃することができる利点があるけれど、静けさというのは分け与えられないんですね。「しーん!」という音には攻撃性がない。という…

くすぐったいナレーション

ニッポン戦後サブカルチャー史でひとつだけくすぐったいところがあるのは、あたまとおしりのナレーションの原稿だな。 「時代の空気を」「敏感に感じ取った」「象徴的な出来事」的な言い回しは今後なしにする 「90年代」言い過ぎない 「ぼくらはどこからきて…

自然

自然さゆえに良しとする人にとりあえず二種。◯◯は自然のことだからよい◯◯は自然の結果だから仕方がないもし後者なら◯◯を自然と良しとしてないので……。

選別

出生前診断を選別を理由に良しとしない人にとりあえず二種。選別自体がだめ選別によって◯◯が棄てられるからだめもし後者ならその主張そのものこそが……。

誰が喋っているか

私は以前「サブカルをお手玉に何かアカデミック風に語ってみせるのは好きじゃない」と述べたことがあったのですが。 hirschkalb.hateblo.jp これはちがったな。語る人の問題、語り口の問題だったんだな。だって、宮沢章夫のニッポン戦後サブカルチャー史はふ…

いいよね

かつては革を育てるとか経年変化を愛でる的な趣味にけっ、とか思ってましたが、私はどうやら自分がけっ、とか思うことを実は心の底では欲しているらしく。

How!

なんであんなにものの扱いを雑にできるんだろう。いや、この問いはちがうな。こうだ。どうやって、あんなにものの扱いを雑にできるんだろう?だってかなりむずかしいよ? 机の引き出しを膝で閉めたり、鍵を机の上に放り投げたり。かなり意識してやらないとで…

全部飲んだがな

スターバックスのチャイティーラテ甘すぎるタリーズがいい。

言ったところがどうしたいのか

他言語に訳せないことを何か高度な知性あるいは何か繊細な精神を保持していることの証明のごとく挿話するのはあんまり趣味じゃないな。まあ、そういうことを言わない私、言うことを好まない私、というアピールになるから、この手の話は難しい。

深い精神社

脅威と考えようが考えまいがやがてやってくるものならば、それまでの間心穏やかでいられる方を選ぶね私は。脅威と考える、というよりは、考え方で脅威とも感じられる、というのが正しい認識じゃないのかな。エネーチケースペシャルみてて思ったこと。

「そもそも~」みたいなひともいるからね

みんなの生まれ変わったらなにがしになりたいって人を聞いて回りたい。 「生まれ変わったら」とか言っているけど、そういうのあんまり信じてないぜって場合はべつに「いますぐに」でもいいし。

not xor but and

電子的なスケジュール管理が進むのと並行して、紙の手帳が人気を集めているのはおもしろい。あんだけフェイスブックとかでおシェアしつつ、マステでいろいろ作っちゃったり、果てはそれをインスタで公開とか、やっぱり紙VS電子的な考えはちがうんだなーって…

ストレス性!

なんか無性にアップル製品を買いたくなってきた。むしろアップル信者になりたくなってきた。こわい!

Overfitting

クヌースだったかな、「早過ぎる最適化はマジやばい」って言ってたの。これは言い換えると、過学習、過剰適応、オーバーフィッティングってことなのかな。「いちいち反応するなし!」「細かいこと気にするなよ」「そこらへんは適当でいいんだってば」「スル…

ざつ

いろいろと雑になってきたことをよろこびたいと思いました。

いやな言葉

時代の空気とか時代の雰囲気というフレーズで何かを言った感じになってる

気のせいかな

論理的にありたいと思うのは、論理的に導き出したことこそいちばん信頼できる推測(占い)だと思うから……そんな考えのやつはいねが。わりと科学者のほうが占い好きそうな気がするんだ。そういう方面へのロマンをかきたてられやすいはず。錬金術、星占い、宇…

計算したくない

だめなほうにベイズ改訂されたなこりゃ。まいったなあ。いやだなあ。こわいなこわいなー。

圧倒的乱雑さ

異動についてはネタが尽きないなあ。(正しくは「推測については」、だと思うけど) hirschkalb.hateblo.jpいま『Data Science for Business』(Foster Provost, Tom Fawcett著、O'Reilly Copyright 2013 Foster Provost and Tom Fawcett, ISBN978-1-449-361…

I have a bad feeling about this.

嫌な予感がする。杞憂であってほしい……のか? 本当にそう思うのか? さあねえ。

いい会話

マイクロフト・ホームズとジョン・ワトソンの会話が好きだ。なんかおしゃれな感じがする。(小並感) MH: Do you plan to continue your association with Sherlock Holmes? JW: I could be wrong, but I think that's none of your business. MH: It could …

DSS

なにこれたのしそう。 www.stat.go.jp

割合の標準誤差

お前は異動にこだわり過ぎだぞシリーズその2。 異動の確率(いまの部署に居残るかほかの部署に異動するか、でモデル化できる)を遷移[確率]行列で適当にあらわしてみると、こうなる:この はこう読む。すなわち、いまの部署Aで1年を過ごした後、その部署Aに…

異動までの期間を生存期間として何かを描いた話

個人的にこの記事は発展性があるので(ほんとに個人的にだけど)、しばらく使いまわしたい。 hirschkalb.hateblo.jp使い回しシリーズその1は、生存曲線ぽいものを描いてみるの巻。 とりあえず最近インストールしたRを使うことにします。説明はコードのあとで…

ちっさい

おお、行列の計算のやりかた間違ってた(ことに気づかないくらいの数学力 だ)!

とてもシンプルな異動モデル

異動の確率(いまの部署に居残るかほかの部署に異動するか、でモデル化できる)を遷移行列*1で適当にあらわしてみると、こうなる:この はこう読む。すなわち、いまの部署Aで1年を過ごした後、その部署Aにもう1年いる確率は0.68であり、ほかの部署Bに移動し…

のどひこをふるわせて'R'

とりあえずアール入れた。アールスタジオはフェイタルエラーがでるのでいいや。裸のまま使ってたほうが何かとかっこいいはずだし。

てふの効用

なんか、やっぱりテフって大したこと書いてないのに何か大層立派なものをこしらえたような気になれる(なるとは言っていない)。

関数電卓で分布計算

先ほどと同様にp値を求めるとすれば、2万円という平均値の差を、その標準誤差である9900円で割った値である2.02という値を用いて、正規分布で中心(平均値)から標準偏差×2.02より大きい値が得られる確率を計算すればいい。実際に求めてみると、「大小問わず…

本物の渡哲也

渡哲也の偽物をみたことがない 評論の評論までやるので無敵もしくはゾンビ 「で、何?」という本を読んだ 読めない漢字伝えられない

本物の偽薬

偽薬を偽薬として売るビジネス……! 目の付け所が鋭い。 錠剤を飲むという動作をしないとなんか落ち着かない、という人のためなんだそう。 私はね、煙草も単に「あなた煙を口から吐きたいだけなんじゃないの」と思われるひとがいて、ともすれば「煙を見られれ…

もはや幼さとか戦略とか関係なくなっちゃったよ

『幼さという戦略 「かわいい」と成熟の物語作法』(阿部公彦著)読んだ。T.S.エリオット辺りまでは読めたけどあとは読んでて嫌気が差した。私だめなんだなあ、ああいうサブカル批評が。雑な言い方だから言い直すと、サブカルを妙にカルチャーよりに引き寄せ…

古み

耐え難き怒りなう!!!!

100万くらいならつむぞ

怒りを簡単に鎮められたらどんなにいいだろう。 にゃー。

おい書いちゃってるよ

みずからのやる気を削がないためにあえて興味分野は書かないというけれどね、きみ。 しかしね、きみは以前から書いてるじゃないか。 ほれ、最近書いた記事を見せてみろ。 ふうん。 推計、統計、確率、論理、法務、言語……こんなところじゃないか。 なかでも客…

消したいウィッシュリスト

当座の興味は……とここからひとしきり書いたのだけど、結局、消した。 以前似たようなことをやって、結局頓挫してんのな。 これこれを勉強していきたいっ、って書いて、結局できてないの。 というわけで、どうやら書くことで失われそうなものがある。*1 端的…

ローカルな賭け

4月に異動する確率は0.5952とみた!

ツッコミ待ちの文章

まちがってるわけではないのにあえて突っ込まれそうな言葉遣いをちょいちょいしていきたいというのは、結局、執拗に( )で書きたがる人たちと同じようなメンタリティを持っていることの証明のような気がしてきて、そのことは甚だ私を悲しがらせるんだけど、…

たまたま・偶然・確率・統計……

小島先生、たぶん三浦先生の本読んでるよーって思ってたんだけど、はたして読んでた。 「可能世界」の検索結果 - hiroyukikojimaの日記 自分の狭い読書範囲からこんなイメージができあがってきた; (確率の理解の手助けに……) 三浦俊彦:可能世界 小島寛之…

みんなで受けよう第2弾

これはぜひとも第1弾を受講したかったなあ。 「社会人のためのデータサイエンス入門」(第1弾。終了) 「社会人のためのデータサイエンス演習」(第2弾。募集中)

どうせ飲んだら乗らないんだし

もしウコン系飲料に眠りに導く作用があったら飲む人にとっては肝臓に良いと思った。

一応宰相文産普遍水底漁

最近のマイブームであるUMVUEまたはMVUEの式(N = m (1 + 1/k) - 1)なんですが、いまさらながら日本語でなんて言うんだという疑問がでてきて、それが一様最小分散不偏推定量というすごい感じの日本語──和製漢語? 少なくともやまとことばではなさそうだけど…

何、やりたいことがいろいろあるだと?

何年かぶりだなあ。「やりたいことがいろいろある」なんて思うのは。まあたぶん、たんに目の前にやりたくないことが迫ってきているからだと思うけど。