hirschkalb's blog

"I beseech you, in the bowels of Christ, think it possible that you may be mistaken."

ひまつぶし

そうですか

あした金曜日ですっごいうれしい。

晴臣からの

ロストイントランスレーションしたいな。

汚点だらけのー

お前はてふに親でも殺されたのかといいたくなるほどたまにてふディスしてますが、本当のところ実にああいうの好きなんです。実のところ本当にああいうの好きなんです。たぶんバッドノウハウが好きなんです。刈っていたいんです。ヤクの毛を。文章を綺麗にし…

背中蹴りたい

姿勢悪いの治したい。

ログ

さっきからあることを調べようとしているのに脱線ばかりしてる。

おまそう

「想定外のことがいずれ起こることは想定内!」 想定外のことが起こらなかった→想定外だった→想定内 想定外のことが起こった→まさに想定外だった→想定内

ENP stands for "ENP is Not a Paper book"

なまじ電子「書籍」と名乗ったがために紙の本が一番だとか、電気がないと読めない本はいらないだとかいう的外れの指摘を受けることになったので、別な名前を与えるべきだな。 携帯電話→携帯→ケータイ→殺伐としたケータイに突如スマホが→スマホ ケータイのス…

シュレ猫的……なの?

ジョブズさんはいいました。消費者は自分のほしいものを知らない、と。これは次のうちどの意味に近いでしょうか。 消費者の心のなかにはあらかじめほしい物は決まってあって、しかし、それが何であるかを消費者自身は自覚できていないのだ。(「こういうもの…

文と文体のあいだ

文は人なりかもしれないけど文体は……。

月曜日ども

やりたいことはだいたい休み明け前日の夕方に湧く。なんか死ぬ直前になってやりたいこと見つけそう。

さあ

禁煙に成功した俳優で、アロマディフューザーを使い出したという話をテレビでみた。なんとなく煙が恋しいのだそう。そうすると、煙を吐くアロマディフューザーを使っているに違いないから、超音波式でしょうね。 逆ってないんでしょうかね。超音波式加湿器な…

連続ポスト

連続ツイートということばは、本人が自覚的に使っているばあい、なんか笑っちゃう。「はい、ショートコントやりまーす。ショートコント《連続ツイート》」という妙なネタ感。なんでなんだろう。 さらにオーパス(連続ツイート第N回など)がついているとおも…

お客様体験

クロームの右上にアカウントが表示される件、いやだいやだと言うひとの気持ちがわかりませんでした。これまでだって、表示されてはいなかったものの、同じですよ? というふうに。でも、更新してみて、表示されてみて、わかった。なんかいやだ。なんかわかん…

ピークみ

日経系の記事にイングレスがちょいちょい取り上げられることについて特に何も考えていない夜。

消去隠滅(←北村薫風)

書いては消し、書いては消し。

【発作定期】歴史的仮名遣(い|ひ)?の周辺

いま読んでいる本の、論の進め方がなんかもういちいちかっこよく感じるので、読み終えたらそのうちやろうと思っていたけれどもう我慢できず、ちょっとさっそく私の興味のある分野に持ち込んでまねてみる日記。 GK擁護論を(1)GKとRKの違いを縮小する消極的…

藁人形ファクトリメソッド──Straw man (Person!) Factory Method

ことばの問題、とりわけかなの問題の吸引力の強さよ。助けて! 短歌を志向したかのような短文ですが。うっかりしてるとエネルギーと時間とを奪われる。 「どうあるべき」(規範・価値)と「どうしてみたい」(欲望)と「どうしている」(本音)と「どうであ…

あらゆる種類の議論に於て、議論それ自らはそれの占める位置ほどに重要なものでは……

ついついみちゃう。はやくお刺身たべたいのに……。 Wikipedia:井戸端/subj/旧字旧仮名の使用について - Wikipedia

怒りのパブリックアド

天才の循環定義感あるけれど、わざとなんだろうな。大きな釣り針なのかも。意図的に、全体に粗挽きな感じに仕上げているような気がしてる。 意図はわからないけれど。

ウッジューマインドイフナンタラカンタラ

あまりに違う文化圏に行くのがはばかられるのって、素直に私がめんどいってのもあるけれど、これは私なりの「驚き、最小の原則」なのかもしれないなと、ふと思いました。このときにおいてはまさに「お邪魔する」というのは的確な表現。

企画倒れ

「でかい主語」って、これ自体相当でかい主語だから、でかい主語に否定的なことばを放ったとたん、突然、後頭部にブーメランが刺さっていそうな感じある。暴力はやめろアンパンチ! 的、致死量以上服用した者は死刑に処す的、そこらへんの何かの仲間だとおも…

ループバック・シュード=インタフェースってなんですか(回答不要)

ウィンドウズで識別できないネットワークがなんたらとか、IPアドレスが169.254.....だとか、ともかく何もしていない(つもり)なのにネットワークに繋がらんのじゃ! というときは、黒い画面出して「よしよしいい子だ」(カタカタ……とかしなくていいので、 …

毛深い

あいつら永遠にVimの設定やってるぞ、で笑ったのが本日のハイライト。

その母音はどこから来てどこへ向かうのか

Babmをボアーボムと読むときのむずがゆさはSCSIとスカジーと読むときのむずがゆさと似ている。前者はそういう規定だから! といわれればそれまでなんだけど、後者ですよね。カって。 文句あんなら新しいよみを提案しなさいって向きもあろうかと思うんですが…

サブとは

ニッポン戦後サブカルチャー史、なんだかわからないけれど、おもしろいです。見終わって、未消化のまま、おもしろかったという感想を抱くのです。昨日今日明日と深夜に集中講義(再放送)があるので観ようとおもいます。 それで標記の「サブとは」、なんです…

リブログとは

タンブラーてほんと不思議。 なんなんでしょう。 頭のいい人がいつか華麗に解説してくれる。

だから私はソロプレイ

ingressのcommはお里が出る。思えば当然のことだった。輪の中に入るばあいはどうやって抜けるのかまでを考えてから入るのがいいのは、現実でも仮想世界でもあまり変わらないのかもしれません。 輪になってやろうと呼びかけているひとがなかなか荒かったりす…

青い議論へのたった一つの反応

じゃあどうしたらいいとおもう?

こんな夢をみなかった

そろそろですねと、立ち上がりコートをまとって記念スイカを買いに外にでる。彼の去った机の上にはフランク・パートノイの『WAIT The Art and Science of Delay』が置いてある。しかしすべてを見通していたのは彼ではなく記念スイカの販売者であった……という…

効率的なんとかなんとか

アマゾンがあるのにわざわざ回線切って外に出かけて買って帰ってきて包装といて品物とりだすの楽しい……と思う(お金がない)。

反例はいくらでもあるとおもいますが

「こういうのってだれがかうんだろうなあ」=「私はこれがほしい」

初スナップショット

歌手ボーカリスト歌唄い歌い手を苦手な順にならべるあそび モーゲッジモーゲージバラッドバラード「ッ」は「ー」になり「ー」は「ッ」になり*1 「すなおに『歌手のバラード』ではいけないの」「いけないからこそこうしたんだろ」的な考えがなぜか浮かんで書…

人のブーメランみて我がふり直す

あまりに大きなブーメランを見ると、もしかしてあれは私の方に戻ってくるやつなのかなと不安になる。大きな釣り針のついたブーメラン。笑い飛ばすには大きすぎるやつ。

はい。

買ってよかったアプリは国語辞書。

寝ればおさまる話

ものの扱いの雑なひとの苦手なことこの上ないのをなんとか克服するには、彼らの行動をまねて彼らの気持ちになってみればいいんじゃないかという発想から、私自身隙あらばいろいろとものを雑に扱ってみるというリハビリテーションをしてるわけですが、未だに…

麦が泣く

いままで家で飲むひとの気持ちがわかりませんでしたが、朝ドラの影響で竹鶴を飲んだあと、逆さまに、ああ私は疲れてたんだなって自覚できるようになり、それからは思い出したように家で飲むし、冒頭のひとたちの気持ちを理解したような気になれた。

カタカナワールド劇場

作家などの名前をカタカナで書くのってなんなのかな。もうひとつ。誰々ワールドという謎の褒め言葉。これもそろそろやめるのがいいと思う。組み合わせてみようか。ダザイワールド。ソーセキワールド。オーガイワールド。バショウワールド。何が言いたいか。…

るーるる

先日「それについては何々するとも何々しないとも申し上げられない」的なことを言って、言ったあとにこんな言い回しをしてのけた自分に驚いて、いったいこんなのどこで覚えたんだろうと思ったはなししてくださる?」

ない

「寝不足だ」にチェックを入れると「寝不足です。睡眠時間を取りましょう」という診断のようなものがくだされるストレスチェックの意義は、ぜったいにある。

だいしようり

太い芯の登場により呼称シャープペンシルの負け、メカニカルペンシルの勝ち。クルトガとかデルガードとかもうメカニカルペンシルですし。

めばえ

権利意識のめばえといういいかた、なんかこう、なんかですよね。 わあいらんこと知られてしまったなというニュアンスをかなり包んで言っているばあいと、反対にすなおに、子供が成長したことをよろこぶように言うときとの二手に分かれているよう。

「きちんと検索できない権利」?

嫌味じゃなくて書くのだけど、ツイッターは登録しなきゃ閲覧が不便でしょう、これは私にとってはいいことだと思う。うっかり読めたら時間が足りなくなってしまうから。さらに、登録しないかぎり一切読めないような仕様だともっといい。これは半分……どころか9…

手帳を買わない勇気のようなもの

そろそろみんな本当のこと言おうぜ的なちょっと勇気のいる言い方ってありますよね。それは、これから言う内容が勇気のいるというより、そういうフレーズを使う勇気のいる、という意味なんですがそれはともかくとしてですね。 いや、手帳って本当に必要なのか…

夜中になると意味もなくキーボードと長文を打ちたくなり打つなり

正確に言おうとすれば、あいまいな表現にならざるを得ない。そういうときがある。私は、ときどき自分で「たぶん」だとか、「という気がする」だとか、「わかんないけれど」とか、そういった言葉を使い、あとでそういった言葉を使ってしまったことに少々の後…

素顔同盟

なんでマスクするんだろうね。いや身バレしないためという理由は知っているんだけど、知らないふりして聞きたいよね。なんでマスクしてんのって。なんでそう思うんだろう。

端を発する

え、これも佐藤雅彦なのか。まったく古代ギリシャか!(←これがいいたかっただけ)

過去に嫌いなものをちゃっかりやってみたりしていることがあるので、きっと山登りもいつかやってしまうのかもしれないと思ったのは、今日みた山が思いのほかきれいだったからです。嫌いなんじゃなくてうらやましいんだろうな。たぶん。

しらない

半径nメートルの範囲の知識で抱いた感想。 野上弥生子の秋を描写する随筆が直喩だらけで私の脳の処理が遅れる 同じことは北村薫の、ような、ような、の連続についても言える 私のような者は直喩のようなものが苦手なようだ まあ直喩って女らしさなのかねしら…

6時間しか居られないマイホームのために…っていうの、ホーム持ってないけどグサグサ刺さる

すこし昔のコピーらしいけれど、「モーレツからビューティフルへ」という言葉は、もう一回くらい唱えておかないとみんな死んじゃうのかもしれない。

事典とかロシアの文豪のとか

へんな話、分厚い本のほうがガンガン読み進められたりしますよね。 そのわけのひとつは、そんな分厚い本を入手したのは、それだけそれが面白いはずだと予め自分が踏んだものだから(そりゃガンガン読めるでしょうさ)ということがあるのだろうけれど。 しか…