hirschkalb's blog

"I beseech you, in the bowels of Christ, think it possible that you may be mistaken."

韓非子の矛と盾 Hanfeizi's spear & shield

『論理サバイバル』(三浦俊彦著)のp.164、「韓非子の矛と盾」は面白い問題です。

問われているのは、だいたい次のようなものです。

どんなものをも貫く矛でどんなものをも防ぐ盾を突いたらどうなるか。故事では「商人が返答に困った」ということで終わっている。しかし、とりあえず本当に突いてみたらどうなるのか。(本当に突いてみるのだから、いずれかの結果は必ず出るはず)

選択肢は以下の通り。

  1. 少なくとも一方は存在しない。
  2. 矛が盾を突き破る。
  3. 盾が矛を跳ね返す。
  4. そんな実験はありえない。
  5. 商人の言葉が矛盾しているだけ。
  6. その他。

正解と解説は本編をどうぞ。以下は、私の回答。

私の回答

盾が矛を跳ね返す。

なお、「少なくとも一方は存在しない。」「そんな実験はありえない。」「商人の言葉が矛盾しているだけ。」は、的外れの回答に見えました。

「少なくとも一方は存在しない。」
「存在しないかどうか、実験してみましょうよ。せーの・・・・・!」

「そんな実験はありえない。」
「それでも私はいまから実際に実験します。せーの・・・・・!」

「商人の言葉が矛盾しているだけ。」
「矛盾しているかどうか、矛と盾で実験してみましょうよ。せーの・・・・・!」

矛と盾の材質を考える

「どんなものも貫く矛」の材質は「どんなものよりも『堅い』」。なぜなら、「XがYを貫く」ことが可能なのは、XがYよりも堅いから。一方で、「どんなものも防ぐ盾」の材質も「どんなものよりも『堅い』」。なぜなら、「XがYを防ぐ」ことが可能なのは、XがYよりも堅いから。

したがって、「最強の矛」も「最強の盾」も「最も堅い材質」でできている。

「最も堅い材質」は、どのくらい痛めつければ壊れるのだろうか。仮に壊れてしまった場面を想像してみる。するとそこには「最も堅い材質」を破壊した「『最も堅い材質』より堅い材質」が存在している。このことは(それこそ)矛盾している。

したがって、ここでは「『最も堅い材質』=絶対に壊れない」ということにしておきます。(以下、「最も堅い材質」と書く代わりに「最強物質」と書きます)

盾と盾同士で戦わせてみる

仮に盾と盾同士でぶつけ合ったら、どうなるのか。先述の通り、最強物質は絶対に壊れない(仮に別な最強物質にぶつけられたとしても)。したがって、盾と盾同士をぶつけ合うと、どちらも互いを防ぎあう。(なお、このことは、商人の言うことと辻褄が合っている)

矛と矛同士で戦わせてみる

仮に矛と矛同士で突き合ったら、どうなるのか。先述の通り、最強物質は絶対に壊れない(仮に別な最強物質にぶつけられたとしても)。したがって、矛と矛同士で突き合うと、どちらも互いを貫くことはない。(なお、このことは、商人の言うことと辻褄が合っていない)

矛と盾で戦わせてみる

それでは、矛で盾を突いたらどうなるのか。先述の通り、最強物質は絶対に壊れない(仮に別な最強物質にぶつけられたとしても)。したがって、矛が盾を貫くことはない。(なお、このことは、商人の言うことと辻褄が合っていない)



はて。どんなものでしょうか。。。

広告を非表示にする