hirschkalb's blog

"I beseech you, in the bowels of Christ, think it possible that you may be mistaken."

大抵のことはお金が解決してくれたという新書を読みたい

どうやって接したらいいかわからない。まず、普段は文庫の方が経済だと言ってハードカバーをほとんど買わない。だけどきょう買ったのはハードカバーで、しかもこれの紙のカバーを取ると表と違う別な絵があり、これが見とれる。こうなると、文庫に接していることの多い人はこまるんじゃないかと思う。いや、しらないけど、私はなんか困った感じになった。またいつかこの絵は見たいけど、さていつ見るだろうなとか。

あと、買った本の種類ですよね。短歌の本とか買わないのですよ。普段は。しかし、日経の穂村弘選の歌が結構好みで、今回はえいやと買ったのです。まさに『短歌ください』ってな気分で買ったわけですが読み始めた時に気づいたことには、私の買ったのは『短歌ください その二』だって。その二!!!!

その存在を知った時点ですでにドラクエは番号を重ねているらしいという理由だけで、ドラクエはやらなかったし、ファイナルファンタジーもやらなかったし、こち亀はさすがにありすぎだからむしろ大丈夫という謎理論で読み始めたりしましたが、基本、参加するなら最初から参加したい気持ちの強い私としては、『その二』から読み始めることにものすごく抵抗があるのだけど、まあ、読んでます。面白いし。

ラインマーカーズも買っておけばよかったな。ただなあ。ベスト盤買うと、ダブるのやだからって、元ネタの方は買わねえとか、そういうことになって、また変な経済感が出てきやがってほんと生きづらい。金持ちになりたい。

広告を非表示にする