hirschkalb's blog

"I beseech you, in the bowels of Christ, think it possible that you may be mistaken."

索引と著者の真剣味

かつて野口悠紀雄が「索引は著者の真剣さの表れ」といったことを書いていたと思う。電子書籍の時代になると、著者お手製の索引の意味はあまりなくなる(何を索引項目にあげているか、という情報はあいかわらず有意味だと思うけれど)。不真面目な著者、あるいはごまかしたい著者も検索の手から逃れられない。

広告を非表示にする