読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

hirschkalb's blog

"I beseech you, in the bowels of Christ, think it possible that you may be mistaken."

新しき減量法LLF

ひとり論理フェスタ開催期間中につき*1。『思考実験リアルゲーム』(三浦俊彦著、二見書房)たのしい! 私のような頭でもあるていど使ってやるとちゃんと体重が減るっぽい。もうこれ以上減らねえなって思っていたら、最近また2キログラムの減ですから脳のエネルギー消費量というのは──それは脇にやっといてですね。

読書メモ。

  • 「行動主義」:Ruby界隈ではなしにきく「ダックタイピング」と似ている。アヒルのように泳ぎアヒルのように鳴くなら、それはアヒルである。そしてアヒルの心を持っている。
  • 「機能主義」:鳴いたり泳いだりするだけでなく、そうさせるような内部の相互作用も「ごと」実現していれば、同じアヒルの心を持っている。見た目は同じ出力"Hello, world!"が得られても、HQ9+のHコマンドで出したのと手でタイピングして出力したのでは、ものが違う。*2
  • 「心脳同一説」:開発環境で書いたプログラムと、商用環境で走らせたプログラムは違う。(「おかしいですねえ、開発環境ではうごくのに~」)出力結果も同じ、そのアルゴリズムも同じ、さらに、それを実現たらしめている素材も同じ、そういうときに、同じアヒルの心と言ってよい。

*1:あーほんとに駄な駄洒落を思いついてしまった。さて何でしょう? ヒント:ひとり≒孤独≒ロンリー……。

*2:土屋賢二の文章で「『成績《良》くらいの論文』と学生が指定すればそのような論文を自動的に書き上げてくれるシステムがあれば、私も採点するときに楽なのに(中身を読まず《良》と書いて返せばいいから)」というのがあったと思う。なぜかそんなことを思い出した。

広告を非表示にする