hirschkalb's blog

"I beseech you, in the bowels of Christ, think it possible that you may be mistaken."

焦らし

タンブラーで「すでに手に入っていてもほしいものが、本当にほしいもの」というような言葉が流れてきたことがあったけれど、いま手元に、読みたくて買ったはずなのに買ってきてから1ページも読んでいない本がある。

すでに手に入っていて、満足してしまっている。買ってきてすぐ読む本が本当にほしい本というわけでもなさそうだ。買ってきて、傍にあって、1ページも開かないけれど、「読んでないなら借りていい?」「もらっていい?」「先に読んじゃっていい?」などといわれたら、それはだめ、というような本がある。

まあたぶん、いま書いていて気づいたんですけど、手付かずなのは、すでに読んだことのある本だからだと思いました。オブジェとして買ったのかもしれない。ちなみに、北村薫の「空飛ぶ馬」です。

広告を非表示にする