読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

hirschkalb's blog

"I beseech you, in the bowels of Christ, think it possible that you may be mistaken."

和魂洋才的みたいな感じ系

論理的・論理風

偏った情報というのは、その情報が偏っているという情報とともにあれば(さらにどの方向にどれだけ偏っているかという情報とともにあればなおさら)、もはやバランスの取れた情報を得られたも同然であって、偏りのない情報を持たない人でも、かえって、なまじ偏りのないきれいな情報を得ている人よりは事態をよく理解するかもしれない。

偏りのある情報から、逆に、その情報発信元の偏向の程度が推定され、新しい情報が得られる結果となる。

……という文章は、『戦争論理学 あの原爆投下を考える62問』(三浦俊彦著、二見書房)の153~155ページの内容と『レトリック感覚』(佐藤信夫著、講談社学術文庫)の71~72ページの形式からインスパイアされて発作的かついくらか慎重に書いてみたものです。けっこう楽しい。

広告を非表示にする