読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

hirschkalb's blog

"I beseech you, in the bowels of Christ, think it possible that you may be mistaken."

条件付き確率

『完全独習 ベイズ統計学入門』(小島寛之ダイヤモンド社)で可能世界をガンガン使っているので驚いた。モンティ・ホール問題とか3囚人問題とか、え、ここで出会うか! という感じでわくわくしながら読んでる。超個人的な感想ですが。

しかし、小島氏は正直だなあと思います。30代後半に東大経済学部の大学院に入学、昔の塾の教え子が同じ研究科に進学していて、その教え子から初めて「ベイズ」という単語を耳にする、なんていうエピソードは、かなり正直な告白に聞こえる。(数学科を卒業しているような人たちならみんな知ってるんじゃないか、と素人の私は思うわけです)

自著を遠慮なく褒めるところもちょっと正直と思う。

広告を非表示にする